住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

窯業系サイディング

セメントと繊維質などを主な原料としており、板状に作られた外壁材の一種を窯業系サイディングと呼びます。

 

高温、高圧の窯で硬化させているので安定した強度を持っていることが最大の特徴です。防火性能と遮音性能を保持しつつ、比較的ローコストで済む材料とも言えます。モルタル外壁の半分くらいの重量なので、耐震性にも有利と言えます。断熱性能にはそんなに強くはありませんが、日光に当たっても表面の温度があがりにくく、暑さを感じにくくなります。

 

自由に造形ができますので、表面を重厚にしたりするなど、デザインのバリエーションの融通性がとても良いものです。また、表面に起伏を付けることで陰影を醸し出すことも可能です。

 

しかしながら窯業系サイディングは、水に弱いと言うことが欠点に挙げられます。利用年数がたち、塗装の劣化や、大きな傷などが出来てしまった際には、防水性能がなくなり、板部分の急速な劣化につながることとなります。材質の特性ゆえ、水を含むと膨張したり変形することも考えられ、元に戻すことが難しくなるので留意すべきです。

 

従って、通常の窯業系サイディングは、継ぎ目にシーリングが必要となります。シーリングを定期的にメンテナンスしないと急激な劣化につながることになります。今では一般的な窯業系サイディングですが、ご自身では対応できない専門業者によるメンテナンスが必要になりますので、ランニングコストは高くなると思った方が良いと思います。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市