住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

契約までの流れ

契約に至るまでの流れについて説明します。

 

まずは「問い合わせ」をします。業者へ直接訪問、業者へ電話連絡、メールで問い合わせなどをして訪問日の約束をします。

 

「初回訪問」現状の外壁や敷地の状況の調査、現物を撮影、寸法の計測、依頼者の希望を聞きこみます。

 

「2回目の訪問」この段階ではかなり具体化された外壁工事案を提示されます。見積書説明、希望の外壁材をサンプルで紹介、張り替えシミュレーション、その時点で見積もり内容の変更・見直し・予算の調整の打ち合わせを行います

 

「検討」これは皆さんが検討する期間です。基本的には3ヶ月程度は金額の変更はありませんが、材料費の急な値上がりの際には金額の変更も考えられます。

 

「要望の整理と提言」検討後の要望をまとめて業者に提示、見積書を入手し、満足のいくまで交渉を続けます。

 

「契約」そして最終的に契約です。契約の際には、最終的な外壁材質(構造)などの確認と見積もり内容(金額、内容)の確認、工期の確認、支払方法、そして契約書取り交わし捺印という流れになります。契約をする=工事をお願いする=以降のメンテナンスをお願いするということになりますので、契約に至るまでに、不明な点や要望などが随時出てくれば、業者としっかり打ち合わせをすることが大切です。お互いの意思疎通やしっかりしていないと完成後のイメージが全く異なっていたりするからです。

 

万が一契約解除をする際には、クーリングオフという制度があり、契約の書類を交付してから8日以内であれば無条件に契約解除ができますので、認識しておいてください。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市