住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

外壁材種類

この項では外壁材の種類についておおまかに説明させていただきます。リフォームをする際には大切なことですので、ぜひ参考にしてください。

 

工法別では「乾式工法」と「湿式工法」に大別されます。乾式工法は板などを釘、ボルトや・ネジなどで設置する工法で、湿式工法は、水を使って、左官工事やコンクリート打ちを使う工法です。詳細は後述しますがそれぞれの工法にも種類がありますので紹介します。

 

「乾式工法」は、タイル、サイディング、ALC(Auto claved Lightweight aerated Concrete)などがあり、「湿式工法」はリシン吹付やモルタル、漆喰、さらにはリシンかき落としなどがあります。その他にも、レンガ、人造石、天然石、コンクリート打ちっぱなしなどもあります。最近では、サイディングの人気があるようですが、独特の雰囲気が出せる漆喰やモルタルなども根強い人気があります。

 

外壁材によって耐久性はもちろんのこと、安全性や見栄えなども大きく変わり、自ずと費用も異なってきますので、各外壁材の特徴をしっかり把握して、工事をしてもらうようにしましょう。また、工法により当然工事費用も大きく変化すると思いますので、工事費用などもしっかり確認するようにしましょう。

 

私のような素人は、コンクリートかタイルか、木材程度はわかるのですが、上記のような様々な材質があるようですので、以降現在主流となっている、サイディング、吹き付け、モルタル、タイルについて特徴などをまとめます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市