住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

吹き付け

吹き付け工事は湿式工法のひとつで、「吹き付けタイル」や「リシン(塗料用の細骨材、砂)」、「スタッコ(石灰に大理石粉や砂などを混ぜた材料)」などの仕上材を外壁仕上げの下地に吹き付けて仕上げる工事のことです。

 

吹き付けタイルは、多層仕上げ材で、コンクリートやモルタルなどの下地に下塗りをして、主材となるベースを吹き付後に、タイルの風合いを上塗りすることでタイルの風合いを出すものです。最後に、コンプレッサ、コテ、ローラーを利用し、表面に凸凹の模様を付けます。さまざまな材料がありますが、外壁ですので、最も外部の自然環境にさらされることから、汚れにくく、メンテナンスが容易な水洗いも可能で、ひび割れが生じないシリコン系が主流のようです。

 

リシン吹付は、モルタルの下地に、セメント系の砂壁や合成樹脂などを吹き付けます。特徴は、汎用性があるので経済性に優れること、要望に見合った色調などを自由に出せること、吹き付けなので作業性は比較的に簡単(工事費が安い)などです。

 

スタッコ吹付は、セメント系、合成樹脂エマルション系やケイ酸質系などの仕上げ塗料材を外壁表面などに薄く(5〜10mm程度)吹付け、ローラーやコテなどで表面に凸凹をつけます。最も大きな特徴は、立体感のある重厚な壁面を造ることが可能だということです。壁が丸みを帯びた凸凹があるのをよく見かけますが、(イメージがわきますでしょうか?)この工法で作られたものです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市